「建築家」兼「宅地建物取引士」の建築設計事務所 物件探しから新築・検査済証無の用途変更まで

SALA久が原

住戸数を確保し、投資物件としての収益性向上を図るとともに、小さいながらも他にはない賃貸住宅の魅力の向上を目指した計画としています。

14戸の長屋プロジェクト。第一種低層住居専用地域、建ぺい率50%容積率100%の閑静な住宅地に立つ2階建+ロフトの集合住宅。4.095mx4.550m、5.005mx4.550mを基本単位として、内階段の重層長屋の組み合わせで構成。各部屋は15m2〜25m2ほどだが、玄関、収納、水廻りを効率的なレイアウトにより、居室部分の最大化を実現。

建築は、中央のアプローチ通路を囲むコの字の形状で、各戸の玄関が並ぶ。2階住戸へは居室と一体となった内階段でアクセス。軒高7m以下として、片流れの屋根がぐるっと通路を取り囲む。正面は、屋根を低くし、通路部分の圧迫感を軽減させるとともに、南北2棟のように見せることで、住宅地でのボリューム軽減を図っている。